一枡のなかで踊れば /  ハビエル・ビベロス

一枡のなかで踊れば /  ハビエル・ビベロス

販売価格: 1,296円(税込)

数量:
20.5cm×12.6cm 118P
英語:日本語

地球の裏側、日本と半日の時差がある南米パラグアイからやってきた俳句集です。スペイン語で、ときにパラグアイの現地語であるグアラニー語で書かれた、率直で開放的な俳句の数々。古今東西の文学に親しみ、星空のもと詩を読み、愛する女性への想いで胸を焦がし、故郷の大豆畑の風景に心和ませる。南米に暮らす心熱き若者の姿が浮かんでくる、そして現代パラグアイの日常が生き生きと映し出された100句。

著者について
ハビエル・ビベロスは、パラグアイの作家。1977年、パラグアイの首都アスンシオンに生まれる。コンピューター・エンジニアを職業としつつ、書くことを天職と感じている。これまでに詩集や小説など8冊の本を出版。いくつかの作品は現代パラグアイ人作家の作品を集めたアンソロジーに収録されている。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

Soy navegante
del movedizo piélago
de tus cabellos.

舟でゆく
波だつ海は
きみの髪

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

Las aves deben
ser versos de un poema
que alguien escribe.

鳥とは
詩の一行
誰かが詠んだ

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥