張り込み日記 / 渡部雄吉

張り込み日記 / 渡部雄吉

販売価格: 4,700円(税込)

30.5cm×23cm 104P
2nd edition
限定1000部

渡部雄吉は、報道写真を中心に国内外で様々な賞を受賞した知る人ぞ知る日本の写真家です。

本作は、昭和33年に茨城県で発生したバラバラ殺人事件の捜査の様子を渡部雄吉が撮影したドキュメント写真集。

戦後の空気が色濃く残る昭和の町並みを背景に、二人が聞き込み、張り込みと東京の下町を歩き回る姿が、現在の私たちにはとても斬新な世界に映ります。まるで映画のワンシーンのような、フィルムノワールの世界観。

このドキュメントシリーズは、2006年に古書店のイギリス人ディーラーが神保町で120枚にものぼるプリントを発見し、その後、2011年に、フランスの出版社から写真集として纏められ一冊の写真集として出版されたことがきっかけで、存在に光があたることになり、結果その年のベストセラーの一冊となったもの。

日本版として新たにリリースするにあたって、オリジナルのネガからリプリントをし、未発表写真も追加して再編集されたこだわりの本書は、写真史においての資料的価値も高い1冊です。

Large Image