Apartamento Issue 14

Apartamento Issue 14

販売価格: 2,430円(税込)

24cm×17cm 264P


既存の装飾華美なインテリア誌とは全く違うアプローチで人気のApartamentoの14号目。世界の様々な国のクリエイターの居住空間を通して彼らのライフスタイルを紹介しています。

表紙は、レイモンド・ペティボン。いまやアーティストとしても大成した彼が住むのは、、マンハッタンにあるフランク・ゲーリー建築の高層マンション。2歳半になる息子や妻との暮らし、ZINE作りを辞めてしまったこと、休日の過ごし方などを語ります。

ペインター、ピーター・ハリーの、まるでホワイトキューブのような真っ白なトライベッカの部屋。アーティストとしてのほか、Indexマガジンを立ち上げ、その誌上でティルマンスやテリー・リチャードソンをはじめ、ライアン・マッギンリーの作品を最初に掲載したことでも知られる、ニューヨークアート界のキーパーソン。隣人だったデイヴィッド・バーンを始め、さまざまなクリエイターと繋がってきた彼のニューヨークでの暮らしを振り返ります。

子どもが生まれ、猫や犬を飼いはじめ、子供たちが巣立ち…そんな家族の歴史にあわせて有機的に変わってゆく家の構成。そんな時間の流れに素直に従い、インテリアをゆるやかに変化させてきたエレナ・カレスターニ。タイガー立石がハンドペイントしたベッドの天蓋、スタジオ・ムンバイの椅子、ナタリー・ドゥ・パスクエの作品…家族にいる空間に加わり、家の一部となったものたちが作る豊かな環境を見てとることができます。

今号は、ちょっと余裕が出てきた…そんな感じがする大人たちの、遊び心に溢れたインテリアがたくさん。かと言ってギラギラしているわけはなく、どこか気の抜けた自然体のバランス感覚は、見ていて心地よいものばかり。

Large Image