murren vol.16

murren vol.16

販売価格: 540円(税込)

12.8cm×18.2cm 32P

『murren(ミューレン)』は「街と山のあいだ」をコンセプトに、身近な自然や山をテーマにした小冊子です。日常のなかで自然や山の世界を感じていたい人たちに向けて、毎号ワンテーマ主義でこの本でしか読めない内容を展開しています。

今号の特集は『琉球切手』。

第二次世界大戦後、アメリカの占領下にあった沖縄で、1948(昭和23)年から、本土に復帰する1972(昭和47)年まで発行されていた琉球切手。16号は、琉球切手をテーマに、海洋生物、動植物、民藝工芸シリーズなど、自然を中心に紹介し、琉球切手の歴史や石垣島来訪のエッセイも収録。そして裏テーマには「反戦」の思いがこめられています。沖縄の自然や文化を切手を通し、世界に伝えることで、沖縄を理解してほしいという強い思いがこめられた琉球切手のように、今号のミューレンからもその思いが静かに強く伝わってくる特集です。

Large Image