murren vol.19

murren vol.19

販売価格: 540円(税込)

数量:
12.8cm x 18.2cm 48P

『murren(ミューレン)』は「街と山のあいだ」をコンセプトに、身近な自然や山をテーマにした小冊子です。日常のなかで自然や山の世界を感じていたい人たちに向けて、毎号ワンテーマ主義でこの本でしか読めない内容を展開しています。

今号は、「Hitoshi & Rébuffat」。

フランス人登山家・山岳ガイドであったガストン・レビュファと、彼の著書を和訳した近藤等に焦点を当てます。

映画や著作を通して優れた表現活動をも行っていたレビュファの代表作「星と嵐」を和訳した近藤は、その数年後実際にアルプスに向かい、レビュファのガイドのもとで登山。それから、同い年でもあった二人は友人として、ザイルパートナーとして長きにわたり交流を続け、一緒に山に登り、そしてレビュファの著作の多くにおいて、近藤が和訳を手がけるようになります。

「レビュファの名言、ヒトシの名訳」、大森久雄・小泉弘・神田泰夫それぞれのインタビュー「近藤先生のこと」、二人の著作を紹介するmurren booksなどを通して、山上で紅茶を飲み交わすエレガントな二人の交流が、詩的かつ流麗な言葉で記されたそれぞれの著作が、日本の山岳界に与えた影響を紐解きます。

Large Image