murren vol.20

murren vol.20

販売価格: 540円(税込)

数量:
12.8cm x 18.2cm 48P

『murren(ミューレン)』は「街と山のあいだ」をコンセプトに、身近な自然や山をテーマにした小冊子です。日常のなかで自然や山の世界を感じていたい人たちに向けて、毎号ワンテーマ主義でこの本でしか読めない内容を展開しています。

第20号のテーマは、「WANDERVOGEL」、渡り鳥。毎年アムール川流域から渡ってくるツルの姿を求めて鹿児島県の出水(いずみ)を訪ねるトラベローグ、冬に日本に渡ってくるオオハクチョウやツグミなどの冬鳥、そしてカッコウやツツドリなどの夏に日本にやってくる夏鳥を愛らしいイラスト付き紹介する他、「海上を渡るときはどうしている?」などといった渡り鳥に関する疑問に答えるQ&A、そして渡り鳥にまつわる本の紹介も。

出水の田んぼで賑やかに過ごすツル、ヒマラヤの標高8000mにもなる峰の上を悠然と飛ぶツルの群れ、水面にのんびり浮かぶ鳥など、鳥好きにはたまらない写真もたっぷり掲載。

はるか長い旅を経て、毎年日本へとやってくる渡り鳥たち。日常的にその鳴き声を耳にしたり、姿を見かける渡り鳥たちの姿を探すガイドに、ぜひ。