挑発する写真史 /  金村 修、タカザワ ケンジ

挑発する写真史 /  金村 修、タカザワ ケンジ

販売価格: 2,484円(税込)

数量:
20.6cm×15cm  368P

都市を撮り続ける写真家・金村修と、写真の最先端を読み解く評論家・タカザワケンジが、「撮ること=見ること」という視点から、写真の“正体”に対話で迫った講義形式の写真史論。


タカザワ「すぐれた写真家は自分自身の写真史を持っている」
金村「写真って言葉ですよ。言葉を誘発します」

タカザワ「写真家の見方っておもしろい! 」
金村「この歳になって、真実に気がつきたくなかったなって(笑)」


写真の「上手/下手」、写真を「撮る/撮らない」、写真家の「純粋さ/仕事」、写真家の「正解/誤解」。
写真の《歴史》を象るものとは。講義は「芸術か、記録か」の範疇を超えた――。