東京の編集者 山高登さんに話を聞く

東京の編集者 山高登さんに話を聞く

販売価格: 2,484円(税込)

数量:
20cm×15.5cm 148P

木版画家に転身する前、新潮社の文芸編集者として、内田百閒、尾崎一雄、上林曉、香月泰男ら、錚々たる作家の本を手掛けた山高登さん。

本書は、夏葉社の島田潤一郎さんが聞き手となって、戦争の話や、出版社のこと、本づくり、装丁の話や、内田百閒、宇野千代、谷内六郎などの作家とのエピソードなど当時のことを訪ねた1冊。

版画制作のために撮っていたという昭和の東京の写真も収録。
(そしてこの写真がプロも顔負けの素晴らしい写真なのです。)