発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ / 小倉ヒラク

発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ / 小倉ヒラク

販売価格: 1,728円(税込)

数量:
18.8cm×12.8cm 324P

アートディレクターとして幅広く活躍しながら、発酵デザイナーとして「見えない発酵菌たちのはたらきを、デザインを通して見えるようにする」活動をしている、小倉ヒラクが、発酵を文化人類学的な視点で紐解いた1冊。


大豆に麹菌がつくと美味しい味噌に、ブドウにイーストがつくとワインに、牛乳に乳酸菌がつくとヨーグルトに………。発酵とは、微生物が人間に役立つ働きをしてくれること。そして微生物のちからを使いこなすことで、人類は社会をつくってきた。「発酵デザイナー」が「文化人類学」の方法論を駆使して、ミクロの視点から社会のカタチを見つける旅へ出発!