山の家 クヌルプ / 編集・エクリ 写真・野川かさね

山の家 クヌルプ / 編集・エクリ 写真・野川かさね

販売価格: 2,160円(税込)

数量:
21cm×14.8cm 160P


2017年で開設60年を迎えた、霧ケ峰高原沢渡のクヌルプ・ヒュッテの山小屋主人夫婦、小屋に集った人たちやファンの方へのインタビューを綴った一冊。

尾崎喜八に綴った詩を送ったこともあるというくらい文学少年だった主人・松浦寿幸。山小屋の名「クヌルプ」もヘルマン・ヘッセの同名の小説の主人公に由来しているそう。戦時の大空襲のなか、辛うじて生き延びた彼は、美ヶ原を登って望んだ山々の風景に「生きよ」と言われ、その後、山での暮らしをすべく、山小屋をつくりあげるまでに至る。

それから60年。そんな松浦夫妻と、助っ人として常連として集った人々が語る豊かな高原の日々。

写真を手掛けたのは、自らも国内外の山々に登り、撮影を続けている野川かさね。山小屋主人が語った「理想の山小屋」を挿画に起こしたのは伊藤弘二。