PIN-UP [Magazine for Architectural Entertainment] issue.6

PIN-UP [Magazine for Architectural Entertainment] issue.6

販売価格: 2,200円(税込)

「Magazine for Architectural Entertainment」とサブタイトルのついた、まったく新しい、オルタナティブで、見せて魅せるNY発の建築雑誌。

「夏!太陽!・・・そして不景気!」とユーモアを交えてスタートする今号の編集長ノート。この不景気と建築はそして私たちはどう「共存」するか?あるいはどう乗り越えるか。

PIN-UPらしい提案でまとめられた今号は、不景気を吹き飛ばすような素敵なものをたくさん紹介し、またいま注目されているサステナブル・アーキテクトを取り上げています。

カラフルで楽しげなビジュアルページは、80年代のニューヨークのグラフィックデザインに影響をもたらしたダン・フリードマンへ捧げるコラージュ。エッセイでは今話題の、ジャン・ヌーベルが手がけるアラブ首長国連邦に開館予定の「ルーブル・アブダビ)に関してなど。PIN-UPでしか読めない充実のロングインタビュー。

今号は:Richard Meier(アメリカ・モダニズム建築の中心人物)、石上純也(前回のベネチアビエンナーレに選ばれた日本のホープ、写真はホンマタカシ)、David Kohn(ロンドンの若手注目建築家、Victoria & Albert Museum の別館である子供のおもちゃ博物館を手がけた)。「green」と共存するサステナブル・アーキテクトに関しては、SITEを主宰するJamesWinesロングインタビュー、そしてフランク・ロイド・ライトの息子であるエリック・ロイド・ライトのレジデンス紹介。

Large Image