WILDER QUARTERLY ISSUE IV

WILDER QUARTERLY ISSUE IV

販売価格: 2,090円(税込)

24.1cm×16.5cm 144P

ブルックリン発のWILDER QUARTERLYは、生活によりそう小さな自然についての雑誌。ガーデニング、料理、家庭菜園など都市・地方問わず、与えられた環境のもと、自然と関わり暮らす人々とそのオーガニックな生き方をインタビューやレシピなどを通して紹介する。

秋の号ということで、紅葉、アンズキノコやリンゴンベリーの森、収穫期を迎えたオーガニックファームなど、ページをめくる度に暖色の鮮やかさが目に飛び込んできます。

厳しい入場制限を設け、独特の幽玄さを保つ京都の苔寺こと西芳寺。長い歴史のなか、偶然が重なって出来上がった美しい苔の森を歩く。

初代キャットウーマンとして人気を博した女優ジュリー・ニューマー。バラやベゴニアにも彼女の名前を冠した種があるほどのガーデニング愛に満ちた彼女の、色鮮やかな庭。そこに紫色の花だけが無い理由とは…。

メイン州の海辺で、夏の終わりを惜しむように開催される、アルゼンチン風BBQ・アサドを囲むおだやかなパーティー、そこでふるまわれる豪快な料理たち。「焼きオレンジ、ローズマリー添え」などのレシピも。

凍ったぶどうから作られるアイスワインをもとめて冬のカナダへ。満月の夜に凍った状態のぶどうを手作業で収穫し作られた、クリアですっきりしたアイスワイン。凍ったぶどう畑の風景はまるで異世界のよう。

おとぎの国のようなフィンランドの森。フィンランドではベリー類やキノコの採取が無制限!収穫の季節、ニョロニョロが現れそうな森でキノコやベリーを探し、散策へ。

Large Image