IN THE CITY vol.8

IN THE CITY vol.8

販売価格: 1,080円(税込)

数量:
21cm x 13.8cm

TOKYO CULTUART by BEAMSから季刊で発行される新感覚文芸カルチャー誌「In The City(インザシティ)」。

持ち歩きやすいペーパーバッグサイズの誌面には、短編小説、エッセイ、詩など"文字による芸術"とそれに呼応した写真やイラストレーションなどを掲載。

「BON APPETiT!」と題された今号のテーマは「食と文学」。

巻頭特集は、先頃のSTUSSYとのコラボレーションでも話題を呼んだ、アーティスト田名網敬一のインタヴュー&アートワークを収録。


短篇小説:「ボナペティ!」食べ物小説特集
今回は、食べ物にインスパイアされた小説、食べ物がキーとなっている小説を集めました。グルメなのか、日常食なのか、あるいは(あらゆる意味で)非日常の食事なのか……作家がシェフとなって腕によりをかけた全四篇、さあ、召し上がれ!

片岡義男「銭湯ビール冷奴」
黒田晶「ダーティ、ダーティ、ダーティ」
木村綾子「サネカズラ」
川崎大助「泣きたいほどの淋しさと餃子だ」を先頭に食べ物小説を

エッセイ:
高木完「ロックとロールの間には」
〜ビート文学からジョン・アーヴィング、そして常盤新平まで。ニューヨークに満ち満ちている「米文学と食べ物」のちょっといい話。

仲俣暁生「限りなく透明に近いミソ・スープの国から」
〜こんどは日本文学だ!漱石・鴎外から内田百閒、そして村上春樹のスパゲッティまで……料理と食が文学と文人に与えた影響を考察します。文明開化は食事から!


他エッセイ執筆陣:
大原ケイ、片岡義男、小西康陽、青野賢一、鈴木哲也、川崎大助、中原昌也

表紙アートワークは今号も「NEW YORKER」なども手がけるAdrian Tomine。