(unintended.) LIARS 4th ISSUE

(unintended.) LIARS 4th ISSUE

販売価格: 1,019円(税込)

21cm×14.8cm 40P

フリーランスで翻訳業をしつつ執筆活動をしている、きくちゆみこによる私的文芸誌。

フィクション、ノンフィクションが混ざり合い、また別の物語を紡ぎだす。

今号は、「それは、わたしの、恋ではない。」特集。

いつだって恋に興味があって、誰とでも、そう、男の人だけじゃなく、友だち、知り合い、お店の人、営業電話の相手、電車に乗り合わせた人々、そうした人たちとわたしはいつも、恋をつうじて、ロマンスをもって関わりたかった。そうじゃないと、うまくできないと思ってた。そうしないと、本当に誰かと知り合うことなんて、できないと思ってた。今でも、少し、そう思う。でも、だけど。「それは、わたしの、恋ではない。」そうだね、その通り。そして、この広くとても小さな世界のなかで、別の誰かが別の誰かに、儚く巨大な恋心を燃やしたり冷ましたりしている限り、それをわたしが読むことができれば、それをわたしが書くことができれば、きっと、わたしのじゃなくても大丈夫。恋は恋であるだけですばらしく、それは、わたしのものでなくてもいいのだ、ぜんぜん。あなたが語り、わたしが聞く。わたしが書き、あなたが読む。それは、とても、恋に近いもの。また、恋の季節。かなう、恋の。


わたしのじゃないかもしれないけれど、
あなたのじゃないかもしれないけれど、
恋が恋であるだけで、それはもう、ぴかぴかの真実の、小さな詩や物語。

2015年、足先をかすかに夏に浸した5月の夜、きくちゆみこ

寄稿:
インテンデッド・ライアーズ (400字の嘘)
奥健祐(阿佐ヶ谷優良万物店TIP店主)
河村実月(GHOST WORLD主催)
星佳奈(デザイナー)
中垣ゆたか(イラストレーター)
嘘つきレシピ
ほんままり香(いわき・善林庵)

イラスト
安藤晶子(イラストレーター)


松井一平(画家)

写真
成重松樹(koko Manty (kissa)店主)

Large Image