工芸青花 5号

工芸青花 5号

販売価格: 12,960円(税込)

30cm×21cm 168P
限定1200部
スリップケース入り
インドの古布カンタを貼付したページあり(1冊ずつ布は異なります。)

『芸術新潮』『とんぼの本』などの編集を手掛けてきた編集者、菅野康晴さんが新たに立ち上げた「工芸」の雑誌。

雑誌といっても布張り、ハードカバーで限定1200部と、もうこの本そのものが、ある種の工芸品のようなものかもしれません。

世代を問わず、骨董、工芸、建築をもう一歩、深く味わうための指南書です。


1 板と私 
  ・板極道の入口で 小澤實
  ・歴史の形見 青井義夫 
  ・漆喰とバスク 内田鋼一 
  ・朝鮮の餅板 大塚潔 
  ・奈良古材 川瀬敏郎 
  ・茶の敷板 木村宗慎 
  ・謙虚さ 坂田和實 
  ・長い床の間 高木孝 
  ・板切れの美 吉田昌太郎 

2 小川待子 やきものと言葉以前
  ・踏みだす人 井出幸亮 

3 鑑賞陶器のはじまりと本 
  ・繭山龍泉堂訪問記 森岡督行 
  ・大正の新風 川島公之 
  ・作品解説 川島公之

4 意中の美術館 
  ・アカデミア美術館の巻 中村好文 

5 うつわのはじまり 
  ・東北古椀 赤木明登 

  精華抄

Large Image