玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ / 木下龍也、岡野大嗣

玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ / 木下龍也、岡野大嗣

販売価格: 1,512円(税込)

数量:
19cm×12.2cm 136P

再入荷しました。

新世代最注目の若手歌人、木下龍也と岡野大嗣が、それぞれ男子高校生の視点にたち、梅雨が明け暑さが迫る7月1日から7日までの7日間の物語を紡いだ異色の物語歌集。


連なる歌に散りばめられた高校生ふたりの何気ない日常や、二度と戻らない一瞬のまばゆさ、不安定な心情が瑞々しく織り上げられ、やがてクライマックスを迎えます。一首一首が完成されながら、大きな物語を構成する、新たな傑作歌集が誕生。


邦題になるとき消えたTHEのような何かがぼくの日々に足りない

老犬を抱えて帰るいつか思い出す重さになると思いながら