台湾旅行記 声はどこから Where is the Voice Coming From?

台湾旅行記 声はどこから Where is the Voice Coming From?

販売価格: 1,200円(税込)

数量:
18.2cm×12.8cm 134P


『馬馬虎虎』の著者・檀上遼と、友人の篠原幸宏が台湾を共に旅し、綴った日記と写真からなる台湾旅行記。台湾東部(台北・花蓮・瑞穂温泉・台東・緑島)を中心とした十日間の記録が、二人の異なる視点で語られています。


「奇妙なことに、どこからか歌声のようなものが聞こえてきた。気づくと、私は老人ばかりが歩いている通りを歩いていた。考えごとをしていて、いつのまにかそんなところに来ていたのだ」(篠原幸宏「10月22日 台北」)


「ただ、そこにいる誰もが同じ空間で同じものを見ているはずなのに、もしかしたら視線の先に皆違うものを見ているのではないかという思いがふと浮かぶ。緑島という一つの島を通して、その瞬間三つの歴史が交錯しているかのような感覚に包まれた」( 檀上遼「10月29日 緑島」)