愛を、まぬがれることはどうやらできないみたいだ。/ きくちゆみこ

愛を、まぬがれることはどうやらできないみたいだ。/ きくちゆみこ

販売価格: 1,650円(税込)

17cm×14.8cm 120P


“嘘つきたちのための”小さな文芸誌「 (unintended.) L I A R S」 発行人であり、翻訳家・文筆家の、きくちゆみこが過去に書いてきた、ブログや日記、メール、日々のつぶやきを再編集した作品集。


きくちさんの文章は饒舌で、切実で、読んでいると胸がいっぱいになる。2017年に母になった彼女が語る未来、過去、未来から見た今。愛があふれて、おぼれそう。なぜならその愛は、オンちゃんにだけじゃなく、自分に、世界に、つまり、私やあなたへも向けられていると思うからだ。


2006年から2018年、そして3018年(!)と、まるでタイムマシーンみたいに、ページをめくるたびに時を旅するような内容になっています。