工芸青花 10号

工芸青花 10号

販売価格: 12,960円(税込)

数量:
30cm×21cm 184P
古布(西洋更紗)を貼付したページあり
限定1200部

『芸術新潮』『とんぼの本』などの編集を手掛けてきた編集者、菅野康晴さんが新たに立ち上げた「工芸」の雑誌。

雑誌といっても布張り、ハードカバーで限定1000部と、もうこの本そのものが、ある種の工芸品のようなものかもしれません。

世代を問わず、骨董、工芸、建築をもう一歩、深く味わうための指南書です。


■目次

1 川瀬敏郎の花 唐物籠
  ・真と自由 片柳草生

2 坂田和實の眼 酒袋
  ・錆びたナイフ 高木孝
  ・坂田さんの優しさ 高木崇雄

3 スイスのロマネスク シオンのノートルダム・ド・ヴァレール聖堂
  ・家具と夕日 金沢百枝
  ・ハイジの国の中世 小澤実

4 座辺の李朝
  ・李朝・蒐集・近代 大塚麻央

5 黒田泰蔵 白磁と轆轤
  ・円筒と彼岸 赤木明登

6 ロベール・クートラスをめぐる断章群4
  ・石工への道 堀江敏幸

7 骨董と私
  ・子供的なもの 藤田康城

8 意中の美術館6  
  ビルバオ・グッゲンハイム美術館の巻 中村好文

世界の布
精華抄