荒唐無稽音楽事典 / 高木壮太

荒唐無稽音楽事典 / 高木壮太

販売価格: 1,080円(税込)

数量:
14.8cm×10.5cm 200P

映像作家、ミュージシャン、エッセイストとして活動中の高木壮太によるナンセンスな異端過ぎる音楽事典。徹頭徹尾、ものすごい密度のナンセンスギャグが詰まった話題の超爆笑本。

膨大な知識量とユダヤ的ユーモアの織り成す狂気の事典。破壊的なギャグに抱腹絶倒しながら読み進むうちに、いつしかあなたは深い深い音楽の森に迷い込んでいるだろう。一家に一冊、常備すべき永遠の知的財産書籍。



◆収録内容(抜粋サンプル)

【アフリカ・バンバータ】Afrika Bambaataa(1957-)〔人名〕
ヒップホップ創生に立ち会った神話的人物。彼のMySpaceは登録日が2007年4月29日で最終ログインが一ヵ月後の2007年5月24日である。このことからきわめて飽きっぽい性格であることが推測される。

【キース・ジャレット】Keith Jarrett (1945-)〔人名〕
演奏中に異様なうめき声をあげることで有名な米国のジャズ・クラシックピアニスト。皇太子浩宮、皇太子妃雅子がともにファンであることは、ふたりが公務中に突然、異様なうめき声をあげることでも判る。

【ゴア・トランス】Goa Trance〔ジャンル〕
1995年ごろ「ジオイド」(テレ朝通りにあったゴアトランス揺籃のディスコ)に行った時、LSDでひん曲がって踊る数百人の群集を見て「ついに革命が始まった!」と思った。が、そんなことはなかった。ゴアパンとチャイが流行っただけだった。

【ゴダイゴ】ごだいご〔ジャンル〕
ミッキー吉野を中心として1975年に結成され、鎌倉幕府を倒して、ガンダーラに立て篭もった。

【シタール】Sitar〔楽器〕
ビートルズの伝記番組で「メンバーの個性や音楽性に幅が出てきた」というくだりのBGMで奏でられるインドの楽器。