ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと / 奥野克巳

ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと / 奥野克巳

販売価格: 1,980円(税込)

数量:
19cm×13cm 352P

再入荷しました。


「共同所有」を社会の要とする東南アジア・ボルネオ島の狩猟採集民「プナン」とのフィールドワークと通じて、見えてきたこと考えてきたことを綴ったエッセイ集。

「所有欲」が認められず、他人に分け与えることが当たり前の社会。物だけでなく、知識や技術も共有を前提とするため、仮に誰かが失敗してもその原因を個人に求めたりはしないという。

競争社会、格差社会とは真逆の価値観に触れることで、豊かさ、自由、幸せとは何かを根っこから問い直す、刺激に満ちた人類学エッセイ。