知覚の感光板 / 鈴木理策

知覚の感光板 / 鈴木理策

販売価格: 8,800円(税込)

数量:
24.6cm×34.2cm 112P


現代日本を代表する写真家のひとり、鈴木理策による新たな代表作。

『知覚の感光板』は、19 世紀に起こった「写真の誕生」による絵画のもつ意味の変容と向き合い、「絵画とは何か」と問いながら、その可能性を切り拓いた一連の画家たち(セザンヌやモネなど)が訪れ制作した場所を、鈴木が巡って撮影した58点の作品から構成されています。

そのテーマのシンプルさから、『知覚の感光板』は、これまでの鈴木作品に親しんできた方はもちろん、写真・アート・表現に関心のあるすべての方が惹き付けられる大きさを湛えた作品集となっています。同時に、知覚の「純粋さ」を追い求める作業をこれまで積み重ねてきた鈴木理策の写真家としての歩みは、本作において、驚異的なまでの緊密さと深さを携え、ひとつの到達点に達しています。

芸術家のあるべき姿を表したセザンヌの言葉をタイトルとする『知覚の感光板』は、画家たちの見ることと描く行為への挑戦と深く共振し、写真の可能性や「風景」との向き合い方を真に新しく拓くものと言えるでしょう。
 

「太陽が照って、希望が心のなかで笑っている。」(ポール・セザンヌ)