娘について / キム・ヘジン(著)、古川綾子(訳)

娘について / キム・ヘジン(著)、古川綾子(訳)

販売価格: 2,090円(税込)

19cm×13cm 229P


弱者や少数派と呼ばれる人々の現代社会での生きようを、当事者の視点から冷徹な描き、評価を得ている韓国人作家、キム・ヘジンによる長編小説。


老人介護施設で働く「私」の家に住む場所をなくした三十代半ばの娘がしばらく厄介になりたいと転がりこんでくる。しかも、パートナーの女性を連れて。娘の将来を案じるあまり二人とぶつかる「私」にやがて起こる、いくつかの出来事と変化とは。LGBT、母子の関係、老いというテーマを正面から見つめ「シン・ドンヨプ文学賞」を受賞した傑作長編。