お皿の上の生物学 / 小倉明彦

お皿の上の生物学 / 小倉明彦

販売価格: 968円(税込)

数量:
14.8cm×10cm 288P


大阪大学で教鞭を執る生物学者の著者が、実験(=調理実習)をもとに、生化学・解剖学など科学の話題から、知られざる食の文化の歴史まで、ときに小ネタも挟みながら綴った1冊。

「紅茶にレモンの汁を入れると色が薄くなるのはなぜ?」「ラーメンの温度は鍋と丼ではどちらが保てる?」「刺身にツマが付くのはどうして?」「ホワイト・デーのホワイトの由来とは?」など、誰かに話したくなるトリビアが盛りだくさん。