NEUTRAL COLORS 1 : 自分でつくると決めたインドの朝

NEUTRAL COLORS 1 : 自分でつくると決めたインドの朝

販売価格: 2,640円(税込)

25.7cm×18.2cm 232P

再入荷しました。

NEUTRAL、TRANSIT、ATLANTIS を世に送り出してきた、編集者・加藤直徳が主宰する、新しい雑誌『NEUTRAL COLORS(ニュー・カラー)』が創刊。「超個人的」な体験や創作、記憶をリソグラフ、シルクスクリーンなどのハンドメイドな印刷手法を交えながら唯一無二の誌面で発信していきます。

創刊号の特集は、「自分で作ると決めたインドの朝」。 タラブックスの工房取材にはじまる、超個人的なインドへの想いが綴られた現地取材をかつてない色彩のビジュアルと、豊富すぎる文字量で紹介。在本彌生、矢萩多門、ユザーン、千賀健史らの熱い寄稿も。


【目次】
・タラブックスの印刷現場を訪ねて
・砂の岬が巡ってきたインド料理店
・インドの石を描く
・ガンジスと鴨川の死生観
・秘密のインド料理店memo
・ユザーン「タブラ修行日記」
・死者とカースト
・ちょっと鬱っぽいのでインドに行ってみた
・SUPER STAR!ラジニカーントの言霊
・聖典ヴェーダーンタという名の「人生の教科書」
・天竺より持ち帰ってしまったもの
・矢萩多聞「人形劇についていく」
・インドの人の小さくも偉大な発明品
・インド現代超人ファイル
・山下博司「何度行っても、“懲りない”インド」
・千賀健史「Bird, Night, and then」
・インド神様絵の世界
・在本彌生 処女小説「聖なる河の聖なる怪物」
・インドで子育てをするということ
・NY、アーメダバード、とさちょうものがたり