世界の紙を巡る旅 / 浪江由唯

世界の紙を巡る旅 / 浪江由唯

販売価格: 2,860円(税込)

21cm×15cm 256P

再入荷しました。

※表紙のパターン、カラーは複数種ありますが、こちらで選ばせていただきます。


303日間かけて、世界15ヵ国の紙工房と印刷所を訪ね歩いた旅の記録。

著者の浪江由唯さんは文化人類学を学んでいた大学時代にネパールの手すき紙・ロクタペーパーを研究したことをきっかけに、世界中の紙を探し求める旅がしたい、と思うようになったのだといいます。

2019年ついにその一歩を踏み出し、タイ、カナダ、アメリカ、メキシコ、バルト三国、ドイツ、デンマーク、イギリス、インド、ネパール、ベトナム、ラオス、韓国など、15カ国、35の都市を訪れました。

本書では、各国の手すき紙の工房や、販売店、活版印刷所を見て回り、紙の原料や製法とその使い方や、各国で見つけた封筒やノート、カードなどの紙もの、体験したこと出会った人感じたことをあますことなく綴っています。手仕事の美しさは、その仕上がりの見た目ではなく工程にこそ宿る、と繰り返し、伝統ある手仕事を未来へと遺していくことについて自問自答を繰り返す著者。手仕事の紙を巡る旅は、ここからまだまだ続いていくようです。