愉快のしるし / 永井宏

愉快のしるし / 永井宏

販売価格: 2,420円(税込)

数量:
17cm×11cm 472P


再入荷しました。


葉山の伝説のショップ“SUNSHINE+ CLOUD”のオーナーであり美術家でもあった故・永井宏が、同ショップの通販カタログにしたためていた956のテキストをまとめた1冊。

これらの小さな言葉たちの集積が、永井宏という大きな木そのものを表しているよう。


「ひとつの風景を思い出すと、ひとつの出来事を思い出す。自分がいた場所や時間の記憶は豊かな自然と一緒で、積み重ねてきたものが生い茂るように自分の中で育っていく。」

「風の強い日、丘の上で体を風に任せる。体を前傾し、手を大きく広げ、空を飛ぶ真似をしてみたり、草の中に寝そべって、風の横切っていく音を聴く。空を見上げて風を見つめる。自分の居場所がわからなくても、そうして、とにかく生きているんだってことを体で知るということが必要なときもある。」

「新しい出来事は古い出来事でもある。記憶を何度も繰り返して、そのどこかとどこかを結びつける。すると新しい未来が見えてくるような気がしてくる。」

「その場所の精霊が宿ったようなときの気分っていうのがある。月や太陽や海や空が自分のためだけにあるような風景が目の前に大きく広がっていて、その神秘的な色彩の反射の中に自分も佇んでいるのだということを知ったときだ。」