リトルプレス・その他新刊

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

419

  • 台湾旅行記 声はどこから Where is the Voice Coming From?

    台湾旅行記 声はどこから Where is the Voice Coming From?

    1,200円

    18.2cm×12.8cm 134P 『馬馬虎虎』の著者・檀上遼と、友人の篠原幸宏が台湾を共に旅し、綴った日記と写真からなる台湾旅行記。台湾東部(台北・花蓮・瑞穂温泉・台東・緑島)を中心と…

  • 馬馬虎虎 vol.1 気づけば台湾

    馬馬虎虎 vol.1 気づけば台湾

    650円

    18.2cm×12.8cm 80P 日本人の父親と台湾人の母親をもつ、1983年生まれ神戸市出身の檀上遼によるリトルプレス。 創刊号となる今号「vol.1 気づけば台湾」では、2012年…

  • なnD 6

    なnD 6

    972円

    15cm×10.5cm 144P 『なんとなく、クリティック』『nu』『DU』の編集者3人による雑誌『なnD』の6号。 今号は9つの雑誌を併せたかのような構成で、9つの特集から成ります。 …

  • うしとうそ とやまの土人形

    うしとうそ とやまの土人形

    2,484円

    21.5cm×15.5cm 72P 限定700部 民芸と関わりの深い地である富山で、今でも残る民芸品の「土人形」を、小野田陽一による美しい写真と、富山民藝協会の広瀬徹也のテキストで紹介した…

  • 親子の手帖 / 鳥羽 和久

    親子の手帖 / 鳥羽 和久

    1,296円

    19cm×13cm  208P 福岡市で現代の寺子屋のような開けた学習塾を運営する著者・鳥羽和久が綴った、現代のたよりない親子たちが、幸せを見つけるための教科書。 いつもキャンセル…

  • SHUKYU Magazine 5

    SHUKYU Magazine 5

    1,620円

    B5判 112P 毎号ひとつのテーマで特集を組み、選手・クラブ・食・建築・道具から印刷物まで、ゲームの背後にあるあらゆる現象を独自の視点で読み解いていく、既存のサッカー誌とは全く異なるアプローチ…

  • 校長先生のはなし

    校長先生のはなし

    1,836円

    12.2cm×18.6cm P150 函入り 昭和の日常を記録した音盤コレクターでもある、円盤店主・田口史人が、学校から卒業生に贈られたというレコードやソノシートを聞き、90人近くの校長先生か…

  • 創作 1973年10月 ― 1975年7月

    創作 1973年10月 ― 1975年7月

    1,404円

    184P 高円寺でレコ屋兼喫茶店兼イベントスペース「円盤」を営む田口史人が、偶然手にした、昭和に生きた名もなき人の日記に感銘を受け、書籍化した1冊。 恐らく愛知県の三河地方に暮らしていたと…

  • アルテリ 五号

    アルテリ 五号

    1,080円

    21cm×14cm 154P 熊本にゆかりのある作家や書き手が中心となって、文学の衰退に抗うために創刊した雑誌『アルテリ』。「アルテリ」とは、「職人の自主的な共同組織」を意味する言葉。何にも…

  • アルテリ 四号

    アルテリ 四号

    1,080円

    21cm×14cm 176P 熊本にゆかりのある作家や書き手が中心となって、文学の衰退に抗うために創刊した雑誌『アルテリ』。「アルテリ」とは、「職人の自主的な共同組織」を意味する言葉。何にも…

  • 死ぬほど好きだから死なねーよ / 石井 僚一

    死ぬほど好きだから死なねーよ / 石井 僚一

    1,836円

    20cm×12.8cm 133P 話題沸騰となった、短歌研究新人賞受賞作「父親のような雨に打たれて」収録した、若手歌人、石井僚一による記念碑的第一歌集。 「自分」を晒し、生も死も、愛も恋も、…

  • 女と仕事「仕事文脈」セレクション / 雨宮まみ、植本一子、太田明日香ほか

    女と仕事「仕事文脈」セレクション / 雨宮まみ、植本一子、太田明日香ほか

    1,512円

    17.3cm×12.3cm 186P リトルマガジン『仕事文脈』「女と仕事」特集号を中心に、女性の書き手の文章、作品を再編集した、様々な職業の女性が仕事について語ったエッセイ集。 ふつ…

  • ランバーロール 1号 / 森泉岳士、おくやまゆか、横山雄、戌井昭人 ほか

    ランバーロール 1号 / 森泉岳士、おくやまゆか、横山雄、戌井昭人 ほか

    1,296円

    21cm×14.8cm 160P 2017年に漫画家の安永知澄・ おくやまゆか・森泉岳土が創刊した、漫画と文学のミニコミ誌『ランバーロール』。 『ランバーロール』とは、カイロプラクテ…

  • MONKEY vol.14 絵が大事

    MONKEY vol.14 絵が大事

    1,296円

    25.6cm x 18.8cm 175P 柴田元幸責任編集による文芸誌「MONKEY」。 今号は、「文学」と同じくらい「絵」を愛するMONKEYが両者の関係をあらためて見つめ直し、二つが織…

  • 月刊ドライブイン vol.09

    月刊ドライブイン vol.09

    500円

    21cm×14.8cm 44P 「パーキングエリア」「サービスエリア」「道の駅」でもない、今や絶滅寸前となっている懐かしの「ドライブイン」を取材し紹介していく『月刊ドライブイン』。 …

  • 落としもの / 横田創

    落としもの / 横田創

    1,944円

    18.2cm×12.8cm 249P   『(世界記録)』で群像新人文学賞を受賞、『裸のカフェ』で三島由紀夫賞候補となった作家、横田創による最新短編集。 最初は踏切のあいだに落ちてい…

  • 玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ /  木下龍也、岡野大嗣

    玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ / 木下龍也、岡野大嗣

    1,512円

    19cm×12.2cm 136P 再入荷しました。 新世代最注目の若手歌人、木下龍也と岡野大嗣が、それぞれ男子高校生の視点にたち、梅雨が明け暑さが迫る7月1日から7日までの7日間の物語を紡…

  • 100年後あなたもわたしもいない日に / 寺田マユミ、土門蘭

    100年後あなたもわたしもいない日に / 寺田マユミ、土門蘭

    1,800円

    14.8cm×10.5cm 204P 再入荷しました。 「トリミング」をテーマに、小説家・土門蘭がうたった短歌と、イラストレーター、寺田マユミがそれに呼応させるように描いたイラストを収録し…

  • 港の人 付単行本未収録詩 / 北村太郎

    港の人 付単行本未収録詩 / 北村太郎

    2,376円

    18.2cm×13cm 128P 函入り 現代詩を代表する詩人・北村太郎による名詩集『港の人』が待望の復刊。 詩人が晩年に暮らした横浜の、めぐる季節の中で編まれたしずかな33篇。みず…

  • 月刊ドライブイン vol.08

    月刊ドライブイン vol.08

    500円

    21cm×14.8cm 44P 「パーキングエリア」「サービスエリア」「道の駅」でもない、今や絶滅寸前となっている懐かしの「ドライブイン」を取材し紹介していく『月刊ドライブイン』。 今回取…

  • ヒツクリコガツクリコ ことばの生まれる場所

    ヒツクリコガツクリコ ことばの生まれる場所

    2,376円

    21cm×14.8cm 240P 2017年10月20日〜2018年1月16日開催のアーツ前橋、前橋文学館共同企画展「ヒツクリコヒツクリコ」のコンセプトブック。 萩原朔太郎から北園克衛、オ…

  • 〆切本2 / 森鷗外、北原白秋、芥川龍之介、水木しげる、赤塚不二夫、高橋留美子、穂村弘ほか

    〆切本2 / 森鷗外、北原白秋、芥川龍之介、水木しげる、赤塚不二夫、高橋留美子、穂村弘ほか

    2,484円

    18.2cm×13.2cm 392P 森鷗外から二葉亭四迷、武者小路実篤、小林多喜二、堀辰雄、水木しげる、穂村弘など80人の作家が原稿の〆切について綴った文章をコンパイルした、異色の〆切アンソ…

  • 原民喜童話集 &【別巻『毬』】

    原民喜童話集 &【別巻『毬』】

    2,970円

    A5判変形 2冊組函入り 童話集 90P 別巻毬 122P 広島で被爆した体験をもとに描いた小説「夏の花」等で知られる、小説家・詩人、原民喜。 本作は、彼が遺した、美しく澄み…

  • エクリ叢書 I ― デザインの思想、その転回

    エクリ叢書 I ― デザインの思想、その転回

    2,484円

    四六判変形 160P デザインに関わるさまざまな書き手によってデザインの思想を伝えてきたWebメディア「ÉKRITS / エクリ」( ekrits.jp ) の記事をまとめたシリー…

  • 新しい分かり方 / 佐藤 雅彦

    新しい分かり方 / 佐藤 雅彦

    2,052円

    21.7cm×15.5cm 268P 再入荷しました。 バザールでござーる、だんご3兄弟、ピタゴラスイッチ、0655……。30年間、表現と教育の分野で、「伝える」方法を追究し続けてきた著者…

  • 観察の練習 / 菅 俊一

    観察の練習 / 菅 俊一

    1,728円

    15.2cm×11cm 256P 再入荷しました。 人間の知覚能力に基づく新しい表現を研究・開発し、さまざまなメディアを用いて社会に提案することを活動の主軸としている研究者/映像作家の…

  • 月刊ドライブイン vol.07

    月刊ドライブイン vol.07

    500円

    21cm×14.8cm 44P 「パーキングエリア」「サービスエリア」「道の駅」でもない、今や絶滅寸前となっている懐かしの「ドライブイン」を取材し紹介していく『月刊ドライブイン』。 今回取…

  • ありふれたくじら vol.4 / 是恒さくら

    ありふれたくじら vol.4 / 是恒さくら

    1,296円

    18.2cm×12.8cm 48P 限定600部 アラスカで先住民芸術を学んだ是恒さくらが、各地をフィールドワークして鯨にまつわる文化や物語を集めたリトルプレス。アーティストとしても活動中…

  • 熊彫 〜義親さんと木彫りの熊〜

    熊彫 〜義親さんと木彫りの熊〜

    1,620円

    21cm×16.5cm 80P 付録:八雲木彫り熊の作り方(復刻版)28P 北海道土産の木彫り熊=「八雲の熊彫」として最初にブランディングに成功したのが、徳川義親が支援した現在の八雲町でし…

  • 偶然の装丁家 (就職しないで生きるには) / 矢萩多聞

    偶然の装丁家 (就職しないで生きるには) / 矢萩多聞

    1,620円

    18.2cm×12.8cm 281P 「いつのまにか装丁家になっていた」――。 中島岳志や森まゆみの著作をはじめ、数多くの「本の貌」を手がける装丁家、矢萩多聞による自伝エッセイ。 …