シティポップとは何か / 柴崎祐二(編)

シティポップとは何か / 柴崎祐二(編)

販売価格: 2,695円(税込)

数量:
19cm×13cm 344P

シティポップ論を(再)起動させ、さらに豊かに聴くための、決定版論考。

国内外で空前のブームに沸くシティポップ――。
今や、「80年代の日本で生まれた都会的ポップミュージック」と認識するだけでは足りない、多面的な存在である。それは、どのような音楽・文化なのか。なぜリバイバルは巻き起こったのか。資料を徹底的に渉猟、現象をあらゆる角度から分析し、多彩な執筆陣の声とともに、その可能性と問題点とをえぐり出す。


【目次】
はじめに

第1章 シティポップ概説
1-1 シティポップのあらまし
1-2 シティポップの黄金時代:1980年代
1-3 シティポップの衰退と展開

第2章 シティポップという「物語」
2-1 編纂されるシティポップのルーツ
2-2 シティポップにおけるはっぴいえんどの重力圏
2-3 シティポップ(ス)と「脱政治」のポリティクス

補論1 はっぴいえんどのシティポップへの影響を風景論を通して考える――岸野雄一

第3章 シティポップの再興
3-1 国内におけるシティポップス再評価への道程
3-2 ネオシティポップとは何か

第4章 グローバル化するシティポップ
4-1 海外からの発見
4-2 アジアとシティポップ

補論2 〈再発見〉はどこから来たか?:海外シティポップ・ファンダムのルーツと現在地――モーリッツ・ソメ+加藤賢

補論3 [インタビュー]韓国のシティポップブーム解説――長谷川陽平(聞き手:柴崎祐二)

第5章 シティポップの行方
5-1 シティポップブームはどこに向かうのか
5-2 シティポップの可能性

あとがき