わたしを空腹にしないほうがいい 改訂版 / くどうれいん

わたしを空腹にしないほうがいい 改訂版 / くどうれいん

販売価格: 1,000円(税込)

文庫判 78P

再入荷しました。

盛岡在住の歌人、くどうれいんによる食にまつわる俳句&エッセイ集。


本書は彼女が綴った食卓にみる人生賛歌。考えてみれば当然のことだが、わたしたちは毎日何かを口にしている。嬉しい時も寂しい時も、悲しい時も、満たされている時も。その感情によって、何を食べるかを選んだり、また食べたものによって感情を揺さぶられたりもする。つまり、生きることとは、食べることで、食べることとは生きることなのだ。

巻末のおまけ対談では過去の出来事(感情)である“日記”を何度も推敲して世に出す、ということについての考察も語られており、日記文学の面白さについて改めて考えさせられる。