その火は燃えているか / 吉森慎之介

その火は燃えているか / 吉森慎之介

販売価格: 7,260円(税込)

数量:
29cm×29cm 104P


広告や雑誌を中心に活動するフォトグラファー、吉森慎之介による写真集。

本作のテーマは「縄文時代」。

青森、三内丸山の縄文遺跡で出会った栗林の中に数千年前の祖先たちの物語を想像したことから製作をはじめ、各地を回り、集落跡、周辺の自然など縄文人たちのかつての生活圏に赴き、現代の自然に古代の原風景を重ねたランドスケープや、彼が遺した土器や遺物を撮影し、現代にも息づく縄文人たちの物語を捉えようとした意欲作。



吉森慎之介
1992年生まれ、熊本県出身。
各地の風景を訪ね、その土地の持つ背景や自然の事象に自身の心象を重ね、写真に収めている。2019年に写真集『うまれたてのあさ』を刊行、同名の写真展が全国7ヶ所を巡回した。