つち式 二〇一七

つち式 二〇一七

販売価格: 1,296円(税込)

21cm×14.8cm 102P

「生きる」という、今や比喩表現でしかないこの営みを、あくまで現実的に根柢から生き直そうとする試み。異種生物たちを利用し、異種生物たちに利用されながら成り立つ人間の生の本然を、より生きるための「ライフマガジン」。


筍を掘り、夏野菜の種を蒔き、汗をかきながら棚田のための畔塗をし、田植えに、草刈りにいそしむ。マムシやモグラを退治し、鶏から卵をもらう。著者は、「生き方の多様化が指摘される昨今だが、果たしてわたしたちは十全に生きているといえるか。」という問いのもと、「生存する」ことそのものへ意識を向け、異種生物、自然との関わりの中で、新しく、十分に「生きる」ことを追求する。

大阪から奈良県宇陀市に移住し、稲作や養鶏を行いながら里山生活をしている著者が綴った2017年の一年間の記録。