アウト・オブ・民藝 / 軸原ヨウスケと中村裕太

アウト・オブ・民藝 / 軸原ヨウスケと中村裕太

販売価格: 1,620円(税込)

数量:
18.2cm×12.8cm 140P


「「民藝」だから素晴らしいのではなくて、「民衆的」だからこそ素晴らしい」(序文より)


柳宗悦が提唱し、今なお息づいている「民藝」。その陰で、枠からはみ出した”暮らしの中の芸術”たちがあった…。「民藝」と「民芸」の違い、農民美術運動と民藝運動、アーツ・アンド・クラフツ運動やロシアのフォークアートの影響、「民藝」から外れたこけしや郷土玩具、版画や出版という複製芸術や、”趣味”という態度などなど…「民藝」の周縁を様々な角度から解き明かす試み的1冊。

デザイナー・軸原ヨウスケとアーティスト・中村裕太による連続トークが待望の書籍化!圧巻の相関図もついてます。

『熊彫』と合わせて是非どうぞ…。