家族最後の日 / 植本 一子

家族最後の日 / 植本 一子

販売価格: 1,870円(税込)

数量:
19cm×13.6cm  299P
サイン本


再入荷しました。


母との絶縁、義弟の自殺、夫の癌――。
写真家・植本一子が生きた、懸命な日常の記録。



全身で世界に体当たりして、被写体となるその人をまるごと受け止めているような、生を肯定しているような写真。彼女の文章も写真とよく似ていると思う。どんなのっぴきならない現実も、目をつぶらないで対峙して、文字で刻みこんでいく。

それが“生きているという証拠”だと言う。

人を幸せにできるのも、傷つけることができるのも、結局人なんだな、という当たり前の事実に改めて気づかされる。そして彼女は、人と人との現在進行形の関係を、何よりも尊いものとして受け止めているのだろう。様々な感情を吐露しながら、その関係をきれいごとにするのを決して許さない。それは、とんでもなく凄いことで、それこそが愛と呼ぶべきものではないかと思う。