アースダイバー 神社編 / 中沢新一

アースダイバー 神社編 / 中沢新一

販売価格: 2,420円(税込)

数量:
21cm×15cm 370P

特定の土地にぐぐぐっと深く潜って、その自然地形と、その上で展開されてきた精神活動や歴史とのつながりを探る、中沢新一 による“アースダイバー”シリーズ。神社編がついに登場です。


神社という日本の聖地には、人間の精神の秘密にかかわる多くの謎が、ほとんど手つかずのままに残されている――。

人類を含む生命にとっての普遍的な聖地(なんと、本書は犬の聖地の話から始まります!)や古代の日本列島に居住した縄文系と弥生系(倭人系)にとっての聖地など、文化としての「宗教」ができるよりずっと前からある“聖地”の在り様を踏まえた上で、日本の神社の深層部に潜む、われわれの祖先の前宗教的・宗教的思考の根源とその展開が解明されていきます。

取り上げるのは縄文系神社として、大日霊貴神社(鹿角大日堂)、諏訪大社、三輪神社、出雲大社。また、海民系神社として、対馬神道、アヅミの神道、伊勢湾の海の民。そして、国家的神道の中心地・伊勢神宮。

人の信仰の根源とか何か?神社とはどういう場所なのか?政治や宗教によって変化してきた姿など、歴史の無意識の奥にしまいこまれた記憶を甦らせる魂の冒険へ。