パイプの中のかえる / 小山田浩子

パイプの中のかえる / 小山田浩子

販売価格: 1,760円(税込)

18cm×13cm 120P


芥川賞作家・小山田浩子による初のエッセイ集。

新型コロナウイルス感染症の影響で混乱する中、東京五輪が延期になった2020年7月から12月の半年間に、日経新聞夕刊の連載として書かれた23篇と、2022年4月に書いた2篇のエッセイからなる本書。

九州など各地での豪雨災害、衣替え、広島の「平和教育」、生落花生、故郷の言葉…

「広島の田舎で生まれ育ちいまも似たような地域に住んでいる私は、井の中の蛙というかパイプの中のかえるというか、狭い範囲で暮らしそれなりに充足していて、でもそこから顔を出し世界を見回すこともある」

近くに遠くに潜むいろいろなものに、気づくことの面白さと不思議さ。
小山田浩子が今まで生きてきたすべての「今」がつまったエッセイ集です。



《収録作品》
メボ / 被災の国 / 衣替え / 女はしない / 鯛 / 呪いの小石 / 広島の「平和教育」 / 新しい「平和教育」 / 「平和教育」の先 / 名前のない読書 / Eテレさん / ヤゴ / 自動ドア / 朝の4時 / 生落花生 / 呼び方 / 故郷の言葉 / 買い物が苦手 / 映画 / オンライン / 缶コーヒー / ノートパソコン / 餅つき / 救急車 / 近くに遠くに