雨犬 / 柳本史、外間隆史

雨犬 / 柳本史、外間隆史

販売価格: 2,500円(税込)

18cm×12cm 160P


版画家の柳本史と、音楽家で編集者でもある外間隆史による初の共作絵本。


十九歳のペンキ職人と十五歳の犬。ある雨の日に出会ったふたりのおだやかな日々。

コーヒーとレコード、詩と散歩。古本とミルク。忍び寄る時間と影、そして雨。


しんとした冬の日の、寂しいようなあたたかいような気分がぴったりの一冊です。


柳本史 Fumi Yanagimoto
大阪府藤井寺市に生まれる。武蔵野美術大学大学院にて彫刻を学ぶ。
版画集『ひなたのにおい』(目の眼)2020年出版。
東京郊外に家族・犬3匹・猫1匹・アヒル2羽・カメ1匹と共に暮らす。


外間隆史 Takafumi Sotoma
東京生まれ。永らく音楽プロデューサーとして活動。自身の音楽作品に『裏庭』(1999)『サンビカ』(2000)『雲の箱』(2003)[ジェマティカ・レコーズ]がある。以後アート・ディレクターとして活動。2013年、ウェブ・サロン〈焚火社〉を主宰。音楽/アート/文芸で表現する作家らの作品発表の場として現在も継続している。2017年、〈未明編集室〉を起ち上げ、『未明01』『未明02』、および『原民喜童話集』を編集/刊行。2021年、遊佐未森『潮騒』[ヤマハミュージックコミュニケーションズ]の共同プロディースで17年ぶりに音楽制作を行う。