聞くこと、話すこと。〜人が本当のことを口にするとき / 尹雄大

聞くこと、話すこと。〜人が本当のことを口にするとき / 尹雄大

販売価格: 1,870円(税込)

数量:
19cm×13cm 264P
再入荷しました。


インタビューやルポルタージュを主に手掛ける執筆業の傍ら、インタビューセッションと「聞くこと話すこと」についての講座も開催している尹雄大さんが出会った4人の実践から考えた、「聞く」ことと「話す」こと。

脚本を‟棒読み”することで、俳優自身の身体から「声」を引き出す映画監督の濱口竜介、沖縄で性暴力を受けた若い女性たちの聞き取りをしている上間陽子、認知症高齢者のためのケアの技法「ユマニチュード」の創出者、イヴ・ジネスト、自身の携帯電話の番号を公開し3万人を超える「死にたい」という気持ちを持った人々の声に耳を傾けてきた坂口恭平。

ノウハウではなく、共感でもない。ジャッジを挟まずに、その人の話をただ「その人の話」として聞くとはどういうことか――。



尹雄大(ゆん・うんで)
1970年、兵庫県生まれ。テレビ番組制作会社、出版社を経てライターに。インタビューやルポルタージュを主に手掛けている。主な著書に、『体の知性を取り戻す』(講談社現代新書)、『脇道にそれる』(春秋社)、『モヤモヤの正体』(ミシマ社)、『異間風土記』(晶文社)、『つながり過ぎないでいい』(亜紀書房)など。執筆業の傍ら、インタビューセッションと「聞くこと話すこと」についての講座を開催している。