移動祝祭日 / ヘミングウェイ

移動祝祭日 / ヘミングウェイ

販売価格: 785円(税込)

数量:
15cm×10cm 256P


ノーベル賞作家アーネスト・ヘミングウェイの遺作。1920年代、ヘミングウェイがパリで過ごした青春時代を綴った61歳の絶筆を、詩人・福田陸太郎の定訳でおくる。


妻との安アパートでの生活、執筆、創作の苦楽、スコット・フィッツジェラルド、ジェイムズ・ジョイスらロスト・ジェネレーションと呼ばれる友人たちとの交遊など、30年余りを経て回想する痛ましくも麗しい青春の日々。


――もしきみが幸運にも青年時代にパリに住んだとすれば、きみが残りの人生をどこで過そうともパリはきみについてまわる。なぜならパリは移動祝祭日だからだ。