中国手仕事紀行 (雲南省・貴州省) / 奥村忍

中国手仕事紀行 (雲南省・貴州省) / 奥村忍

販売価格: 2,750円(税込)

数量:
19cm×13cm 240P

再入荷しました。



日本や世界の各地から集めた手しごとを中心とした生活雑貨のお店『みんげい おくむら』店主、奥村忍が、毎年幾度となく渡航し見聞きした中国の手仕事を紹介した1冊。

藍染め、竹細工、手織りの布、陶磁器、ガラス、銅や真鍮細工、鉄の刃物、箒、民族衣装などなど、広大な国土同様、多種多様な手仕事が、著者の旅のルポとともに綴られています。また、写真は、写真家、在本彌生が旅に同行し撮影。現地の色彩が鮮やかに切り取られています。

奥村は中国のことを「江戸時代と令和のひとつ先ぐらいの時代が共存しているような超大国」と表現し、中国の旅はどこをどんな風に切り取っても面白いと言います。一方で開発は加速し、毎年膨大な量の新幹線の新規路線が開通し、地方へも伸びていっています。手仕事も急速に失われ、いつまで見られるのか分からないという現実があります。本書がありし日の中国を記録した、貴重な文献となる日も遠くないかも知れません。