隣町珈琲の本 mal” 02 

隣町珈琲の本 mal” 02 

販売価格: 1,540円(税込)

数量:
21cm×15cm 238P


文筆家の平川克美が代表を務める喫茶店、隣町珈琲が主宰する文芸誌「mal”」の第2号。「小さなもの、役に立たなくなったもの、時代の変遷の中で取り残されたものの記憶の継承」をモットーに、様々な執筆陣が筆を振るう。


第2号のテーマは、「記憶の中の本と街」。

巻頭特集で名だたる文学者たちに愛された、東京大森の古本屋「山王書房」とその店主 関口良雄さんの名著『昔日の客』を取り上げ、現店主、関口直人と『昔日の客』を復刊した夏葉社の島田潤一郞、隣町珈琲店主 平川克美との特別鼎談を収録。また岡崎武志と荻原魚雷との「古本と高円寺」についての対談、そして京都の「古書善行堂」山本善行の寄稿や、内田樹、森本あんり、青木真兵らのエッセイ、小池昌代や春日武彦らの詩、三砂ちづる、小田嶋隆らの小説などを収録。