神様の友達の友達の友達はぼく / 最果タヒ

神様の友達の友達の友達はぼく / 最果タヒ

販売価格: 1,760円(税込)

数量:
19cm×13cm 301P


中原中也賞、現代詩花椿賞の受賞を経て、詩の映画化、詩の個展、詩と建築のコラボ レーションなど、詩人という枠を超え、存在が加速し続ける最果タヒによるエッセイ集。


笑うこと、孤独のこと、推しへの愛、年を重ねて変化していくこと、幼い頃のこと、お金のこと、詩や言葉のこと、自分のこと。
流れるような文章は、思考の流れをそのまま見ているかのようでスリリングだし、洪水のようにどばーっと溢れてくる言葉に溺れたくなります。そして時折、その中に世界の秘密が見つかったりもするんですよね。

―――


最果さんは、種(群れ・集団)の不協和音だ、孤立した個だ、でもそれに救われる孤独な個がいる。
エッセイを読むと私の中にもそれがあると、みんなが思うはずだ。
――保坂和志