体操をつくる / 川崎智子・鶴崎いづみ

体操をつくる / 川崎智子・鶴崎いづみ

販売価格: 1,650円(税込)

数量:
21cm×14.8cm 108P


当店のロングセラーになっている『整体対話読本 ある』の川崎智子・鶴崎いづみによる全く新しい体操の本。

本作は、2019年1月から12月、オルタナティブスペース「路地と人」で開催されたワークショップ全12回の記録。参加者が持ち寄った体の悩みから整体の視点を交えてオリジナルの体操をつくる過程と、体にまつわるこぼれ話を収録。


体操は、つくれる。
「人の話が聞けるようになりたいです。」

「予定がないと永遠に寝続けてしまって、スッと起きれません。」

「これでいいのだって思いたいです。自己肯定感をいますごく、得たいです。」




川崎智子〈かわさき・ともこ〉
1970年宮崎県生まれ。不調をきっかけに出会った野口整体により体の全感覚が一致した自覚が生まれ、自由になる。気を独学。2005年より整体活動開始。整体指導者として「と整体」を主宰。著書に『整体対話読本 ある』(2019年)、『整体覚書 道順』(2021年)。


鶴崎いづみ〈つるさき・いづみ〉
1982年福岡県生まれ。ものごとをとらえなおす試みをおこなっている。2013年よりオルタナティブスペース「路地と人」の運営に加わる。14年より観察と編集を基礎として主に出版をおこなう試み「観察と編集」を始める。著書に『整体対話読本 ある』(2019年)