全商品

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

2,668

  • ひとりみんぱく123 / 松岡宏大

    ひとりみんぱく123 / 松岡宏大

    1,840円

    文庫判並製 144P 旅するライター&カメラマン、松岡宏大が、世界の国々で買い集めた工芸、民芸、雑貨、珍品迷品を紹介した1冊。

  • スーパルマドゥライ / 武田尋善

    スーパルマドゥライ / 武田尋善

    1,620円

    文庫判並製 72P イラストレーターにして、インド料理ユニット「マサラワーラー」としても人気の武田尋善がめくるめく南インド飯、寺めぐり、屋台、牛追い祭、手書きのホテル俯瞰図まで、町の熱気に駆り立…

  • インドしぐさ事典 / 矢萩多聞

    インドしぐさ事典 / 矢萩多聞

    1,620円

    文庫判並製 72P 14歳から南インドと日本を半年ごとに往復し暮らす生活をしていた画家・装丁家の矢萩多聞によるインド人のボディランゲージを紹介した1冊。 「考えるな、首をふれ!」 頭…

  • 月刊ドライブイン vol.03

    月刊ドライブイン vol.03

    500円

    21cm×14.8cm 44P 「パーキングエリア」「サービスエリア」「道の駅」でもない、今や絶滅寸前となっている懐かしの「ドライブイン」を取材し紹介していく『月刊ドライブイン』。 3号で…

  • 失われたドーナツの穴を求めて /  芝垣 亮介、奥田 太郎ほか

    失われたドーナツの穴を求めて /  芝垣 亮介、奥田 太郎ほか

    1,944円

    21cm×14.8cm 224P 穴があったら入りたい!? 学問、人生、宇宙の謎。すべての穴はドーナツに通ず。歴史学、経済学、物質文化論、コミュニケーション学、工学、数学、言語学、哲学…。人…

  • OK Bon! vol.2  超愛論

    OK Bon! vol.2  超愛論

    756円

    18.2cm×12.8cm 58P 70年代の宝島やPOPEYEに多大な影響を受けた若者二人がつくる、架空のコンテンツを詰め込んだ、サブカルチャー愛に溢れた自主制作誌『OK Bon!』。 …

  • 本の未来を探す旅 ソウル

    本の未来を探す旅 ソウル

    2,484円

    24cm×18.2cm 224P 今、次々と新しい出版レーベルやインディペンデントな出版物、本屋が生まれている、お隣、韓国の都市・ソウル。 このムーブメントを牽引している1980年代生ま…

  • MONKEY vol.12 翻訳は嫌い? 

    MONKEY vol.12 翻訳は嫌い? 

    1,512円

    25.6cm x 18.8cm 192P 柴田元幸責任編集による文芸誌「MONKEY」。 今号の特集は『翻訳は嫌い?』 村上春樹+柴田元幸による、翻訳講義「本当の翻訳の話をしよう…

  • のんべえ春秋 5号 どこでもビール号

    のんべえ春秋 5号 どこでもビール号

    864円

    18.2cm×10cm 72P 文筆家・木村衣有子さんが編集する、のんべえによるのんべえのためのリトルプレス「のんべえ春秋」。 今号は「ビール」がテーマ。 北海道帯広でビールづくりを…

  • IN THE CiTY vol.17 / 小林エリカ、最果タヒ、片岡義男、大原ケイほか

    IN THE CiTY vol.17 / 小林エリカ、最果タヒ、片岡義男、大原ケイほか

    1,080円

    21cm×13.8cm 232P TOKYO CULTUART by BEAMSから季刊で発行される新感覚文芸カルチャー誌「In The City(インザシティ)」。 持ち歩きやすいペーパ…

  •  「本をつくる」という仕事 /  稲泉 連

    「本をつくる」という仕事 /  稲泉 連

    1,728円

    20cm×14cm 235P ノンフィクション作家・稲泉 連が、印刷、校閲、装幀など、本作りの世界を支える人々の声を聴き、各々が仕事に行き着いた経緯や、現在の思いを丁寧に掬い取った取材記。 …

  • BOOK ARTS AND CRAFTS VOL.1

    BOOK ARTS AND CRAFTS VOL.1

    1,080円

    21cm×14.8cm 32P 表紙数色あり 数々の美しい本を制作してきた製本工房・美篶堂の上島松男さんが理事長を務める「本づくり協会」が発行する『BOOK ARTS AND CRAFTS…

  • 家をせおって歩いた / 村上慧

    家をせおって歩いた / 村上慧

    2,160円

    A5変型 304P 美術家の村上慧が、最終的に展覧会を開催することを目標に、発泡スチロールで作った小さな家を背負って歩き、全国各地を移動生活しながら家の絵を描いた369日の日々を日記形式で記録し…

  • 東京の編集者 山高登さんに話を聞く

    東京の編集者 山高登さんに話を聞く

    2,484円

    20cm×15.5cm 148P 木版画家に転身する前、新潮社の文芸編集者として、内田百閒、尾崎一雄、上林曉、香月泰男ら、錚々たる作家の本を手掛けた山高登さん。 本書は、夏葉社の島田潤一郎…

  • すべての雑貨 / 三品輝起

    すべての雑貨 / 三品輝起

    2,160円

    19.2cm×12cm 288P 再入荷しました。 西荻窪の雑貨店「FALL」の店主・三品輝起によるエッセイ集。 日々、街を歩いたり、店を営む上で去来する「雑貨」を通した社会学的考察…

  • ミルフイユ07 想起の方則 / いがらしみきお、飴屋法水、鷲田清一、野中モモほか

    ミルフイユ07 想起の方則 / いがらしみきお、飴屋法水、鷲田清一、野中モモほか

    1,404円

    18.8cm×12.8cm 216P せんだいメディアテークが発行する機関誌『ミルフイユ』。 さまざまなイメージやメッセージや人々が層をなして重なり合う活動をその名前に託した機関誌の第…

  • 小辞譚: 辞書をめぐる10の掌編小説 / 文月悠光、小林紀晴、木村衣有子ほか

    小辞譚: 辞書をめぐる10の掌編小説 / 文月悠光、小林紀晴、木村衣有子ほか

    1,728円

    四六判変形 168P 詩人・文月悠光、写真家・小林紀晴、文筆家・木村衣有子、落語家・三遊亭白鳥、女優・藤谷文子など、異なるジャンルで活躍する10人が、〝辞書と言葉と想い〟を紡いだ小さな短編集。 …

  • 善き門外漢 vol.3

    善き門外漢 vol.3

    1,080円

    21cm×14.8cm 56P 著者・中里仁美が「パーソナルでエモーショナル」に制作するリトルプレス『善き門外漢』の3号。 今号は、「アウトサイダー」がテーマ。著者独自の視点で眼光鋭いアウ…

  • 酔いながら考える / 滝口悠生、川島小鳥、 辻本力、九龍ジョー、後藤繁雄ほか

    酔いながら考える / 滝口悠生、川島小鳥、 辻本力、九龍ジョー、後藤繁雄ほか

    864円

    14.8cm×14.8cm 72P 再入荷しました。 「ワクワクしながら生きるコツ」をテーマにしたリトルプレス『歩きながら考える』の別冊としてリリースされた、『酔いながら考える』をテー…

  • 地下室 草号2

    地下室 草号2

    702円

    25.7cm×18.2cm 44P 演出家の三浦基率いる劇団・地点が主宰する稽古場兼アトリエ「アンダースロー」が立ち上げた雑誌『地下室』。演劇について語ることは、この社会を語ること。 倉敷…

  • 美しい街 / 尾形亀之助

    美しい街 / 尾形亀之助

    1,728円

    18.8cm×13cm 171P 再入荷しました。 戦前の詩人、尾形亀之助の初期から晩年までの55の詩に、松本竣介のデッサンが添えられた選詩集が夏葉社から刊行されました。 孤独を…

  • 挑発する写真史 /  金村 修、タカザワ ケンジ

    挑発する写真史 /  金村 修、タカザワ ケンジ

    2,484円

    20.6cm×15cm  368P 都市を撮り続ける写真家・金村修と、写真の最先端を読み解く評論家・タカザワケンジが、「撮ること=見ること」という視点から、写真の“正体”に対話で迫った講義形式の…

  • 光ったり眠ったりしているものたち / 西尾勝彦

    光ったり眠ったりしているものたち / 西尾勝彦

    1,744円

    17.5cm×12.8cm 112P 再入荷しました。 関西を拠点に展示形式の詩の発表、私家版の詩集制作などの活動を積極的に行っている作家、西尾勝彦の詩集。 居眠りから目覚める間際の…

  • 言葉はこうして生き残った / 河野通和

    言葉はこうして生き残った / 河野通和

    2,592円

    18.8cm×12.8cm 360P 中央公論社で約30年、その後新潮社に入社し現在は雑誌「考える人」編集長をつとめる著者による本書は、膨大な書籍や作家、先輩編集者、デザイナー、文化人たちとの仕…

  • 家族最後の日 / 植本 一子

    家族最後の日 / 植本 一子

    1,836円

    19.4cm×13.6cm 299P 前作『かなわない』から1年。 写真家としてはもちろん、文筆家として、その類稀なる才能を発揮している植本一子による本作は、母との絶縁、義弟の自殺をめぐる…

  • Landmark Magazine vol.01 日々のしるし / 横山雄 Yu Yokoyama

    Landmark Magazine vol.01 日々のしるし / 横山雄 Yu Yokoyama

    1,404円

    21cm×14.8cm 38P 再入荷しました。 イラストレーター、アートディレクター/デザイナーとして様々な媒体で活躍中の横山雄が、ブログで綴っていた文章をまとめた冊子。 第一弾は…

  • もう一度 倫敦巴里 / 和田誠

    もう一度 倫敦巴里 / 和田誠

    2,376円

    21cm×14.8cm 176P 和田誠、1977年初版の伝説的名著『倫敦巴里』が、未収録作を加え、『もう一度 倫敦巴里』としてついに復活! 川端康成の『雪国』を、もし植草甚一が、野坂昭如…

  • シャボテン幻想 / 龍膽寺 雄

    シャボテン幻想 / 龍膽寺 雄

    1,080円

    15cm×10.6cm 文庫 シャボテンへの偏愛が横溢した愛好家垂涎のバイブル。 「シャボテンは、―この不思議な植物は、それが生えていた砂漠の、人煙絶えたはるかかなたの世界の孤独を、…

  • かぼちゃを塩で煮る /  牧野伊三夫

    かぼちゃを塩で煮る /  牧野伊三夫

    1,404円

    17cm×13cm 213P 再入荷しました。 油彩、木版画、コラージュなどの作品の発表を続ける傍ら『かもめ食堂』(群ようこ著)他、装丁の仕事を多数手がけたり、『雲のうえ』、『飛騨』の編集…

  • 紅茶の絵本 / 作・大西進 絵・平澤まりこ

    紅茶の絵本 / 作・大西進 絵・平澤まりこ

    1,080円

    B6判 48P おいしい紅茶のいれ方がよくわかる 世界でいちばんやさしい紅茶の絵本 全国に数多くのファンを持つ人気紅茶卸人・テテリアの大西進が、紅茶の基本から淹れ方まで、お話仕立てでわか…