リトルプレス・その他新刊

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

366

  • ATLANTIS zine 06号

    ATLANTIS zine 06号

    1,620円

    28cm×21cm 72P 雑誌『NEUTRAL』、『TRANSIT』の元編集長であり、現在はデザイン会社SOUP DESIGNの出版レーベルPLANCTONで編集長を務める加藤直徳さんが立ち上…

  • はじまりが見える世界の神話 / 阿部海太(絵)

    はじまりが見える世界の神話 / 阿部海太(絵)

    1,836円

    17cm×20cm 132P 20人の専門家たちが各地域における神話や伝説を紹介し、画家・阿部海太の絵と一緒に「世界のはじまり」を物語った1冊。 口伝えや書き伝えによって継承されてきた「世…

  • 未明 02 / 谷川俊太郎、蜂飼耳、横尾香央留、白石ちえこ、nakaban ほか

    未明 02 / 谷川俊太郎、蜂飼耳、横尾香央留、白石ちえこ、nakaban ほか

    2,916円

    21.5cm×12.5cm 500P 再入荷しました! 詩人、音楽家、料理家、建築家、画家、写真家etc...様々なジャンルで活動する執筆者たちが〈ポエジィ〉の一語のもとにそれぞれの表…

  • カレンダーを体験するための365の提案

    カレンダーを体験するための365の提案

    2,160円

    18.2cm×11cm 365P カレンダー、暦に頼らずに、自分なりの「時間」を発見、構築するためのユニークな提案書。 1ページごとに、「箱入りの鉛筆を買いましょう。1月に1本使いきってく…

  • 新版 宮澤賢治 愛のうた / 澤口たまみ

    新版 宮澤賢治 愛のうた / 澤口たまみ

    1,944円

    18.2cm×12.8cm 248P 宮澤賢治の知られざるラブ・ストーリーを作品と証言から大胆に読み解く、異色の文芸エッセイ。 生涯独身で、その恋心は妹や親友に向けられたと解釈されることの…

  • 台湾旅行記 声はどこから Where is the Voice Coming From?

    台湾旅行記 声はどこから Where is the Voice Coming From?

    1,200円

    18.2cm×12.8cm 134P 『馬馬虎虎』の著者・檀上遼と、友人の篠原幸宏が台湾を共に旅し、綴った日記と写真からなる台湾旅行記。台湾東部(台北・花蓮・瑞穂温泉・台東・緑島)を中心と…

  • 親子の手帖 / 鳥羽 和久

    親子の手帖 / 鳥羽 和久

    1,296円

    19cm×13cm  208P 福岡市で現代の寺子屋のような開けた学習塾を運営する著者・鳥羽和久が綴った、現代のたよりない親子たちが、幸せを見つけるための教科書。 いつもキャンセル…

  • SHUKYU Magazine 5

    SHUKYU Magazine 5

    1,620円

    B5判 112P 毎号ひとつのテーマで特集を組み、選手・クラブ・食・建築・道具から印刷物まで、ゲームの背後にあるあらゆる現象を独自の視点で読み解いていく、既存のサッカー誌とは全く異なるアプローチ…

  • でも、ふりかえれば甘ったるく / いつか床子、エヒラナナエ、渡邊ひろ子 ほか

    でも、ふりかえれば甘ったるく / いつか床子、エヒラナナエ、渡邊ひろ子 ほか

    1,620円

    18cm×10.8cm 296P カメラマン、アーティスト、ライター、編集者、浪人生など、様々な背景を持った女性10名が綴ったオムニバス・エッセイ集。 悩みながら、もがきながら、噛み…

  • 校長先生のはなし

    校長先生のはなし

    1,836円

    12.2cm×18.6cm P150 函入り 昭和の日常を記録した音盤コレクターでもある、円盤店主・田口史人が、学校から卒業生に贈られたというレコードやソノシートを聞き、90人近くの校長先生か…

  • 創作 1973年10月 ― 1975年7月

    創作 1973年10月 ― 1975年7月

    1,404円

    184P 高円寺でレコ屋兼喫茶店兼イベントスペース「円盤」を営む田口史人が、偶然手にした、昭和に生きた名もなき人の日記に感銘を受け、書籍化した1冊。 恐らく愛知県の三河地方に暮らしていたと…

  • 歩きながらはじまること  /  西尾勝彦

    歩きながらはじまること / 西尾勝彦

    2,160円

    15.5cm×12cm 340P 奈良の街、森の近くで猫と鹿とひっそりと暮らしながら、展示形式の詩の発表、私家版の詩集制作などの活動を積極的に行っている作家、西尾勝彦の詩集。これまでに発表し…

  • Spectator スペクテイター 41号 特集:つげ義春 探し旅

    Spectator スペクテイター 41号 特集:つげ義春 探し旅

    1,080円

    24.4cm x 18.2cm 239P ひとつのジャンルにとらわれず、地球上のあらゆる場所へ足を運び、綿密な取材をして得た体験、真実を、飾らない言葉で自由に表現する雑誌、スペクテイター。 …

  • 死ぬほど好きだから死なねーよ / 石井 僚一

    死ぬほど好きだから死なねーよ / 石井 僚一

    1,836円

    20cm×12.8cm 133P 話題沸騰となった、短歌研究新人賞受賞作「父親のような雨に打たれて」収録した、若手歌人、石井僚一による記念碑的第一歌集。 「自分」を晒し、生も死も、愛も恋も、…

  • ATLANTIS zine 05号

    ATLANTIS zine 05号

    1,512円

    26cm×20cm 64P 雑誌『NEUTRAL』、『TRANSIT』の元編集長であり、現在はデザイン会社SOUP DESIGNの出版レーベルPLANCTONで編集長を務める加藤直徳さんが立…

  • 女と仕事「仕事文脈」セレクション / 雨宮まみ、植本一子、太田明日香ほか

    女と仕事「仕事文脈」セレクション / 雨宮まみ、植本一子、太田明日香ほか

    1,512円

    17.3cm×12.3cm 186P リトルマガジン『仕事文脈』「女と仕事」特集号を中心に、女性の書き手の文章、作品を再編集した、様々な職業の女性が仕事について語ったエッセイ集。 ふつ…

  • あゆみ食堂のお弁当 23人の手紙からうまれたレシピ / 大塩あゆみ

    あゆみ食堂のお弁当 23人の手紙からうまれたレシピ / 大塩あゆみ

    1,620円

    21cm×14.8cm 127P たかはしよしこのもとで修行をした後、独立し、出張料理『あゆみ食堂』として、季節ごとの日本の美味しい食材を使いケータリング活動を行っている大塩あゆみによる「あの人…

  • 酒を見つめる対話集  酒の穴

    酒を見つめる対話集 酒の穴

    1,296円

    15cm×10.6cm 142P 再入荷しました。 酒場ライター・スズキナオとパリッコによる、この世の中でまだ知られていない酒スポットや酒の楽しみ方を探求するユニット「酒の穴」の対談が…

  • ランバーロール 1号 / 森泉岳士、おくやまゆか、横山雄、戌井昭人 ほか

    ランバーロール 1号 / 森泉岳士、おくやまゆか、横山雄、戌井昭人 ほか

    1,296円

    21cm×14.8cm 160P 2017年に漫画家の安永知澄・ おくやまゆか・森泉岳土が創刊した、漫画と文学のミニコミ誌『ランバーロール』。 『ランバーロール』とは、カイロプラクテ…

  • MONKEY vol.14 絵が大事

    MONKEY vol.14 絵が大事

    1,296円

    25.6cm x 18.8cm 175P 柴田元幸責任編集による文芸誌「MONKEY」。 今号は、「文学」と同じくらい「絵」を愛するMONKEYが両者の関係をあらためて見つめ直し、二つが織…

  • こんにちは / 谷川俊太郎

    こんにちは / 谷川俊太郎

    1,944円

    18.8cm×13cm 190P 表紙職カラー数種あり(こちらで選ばせていただきます。) 再入荷しました。 東京オペラシティアートギャラリーで開催の「谷川俊太郎展」にあわせて刊行さ…

  • 月刊ドライブイン vol.09

    月刊ドライブイン vol.09

    500円

    21cm×14.8cm 44P 「パーキングエリア」「サービスエリア」「道の駅」でもない、今や絶滅寸前となっている懐かしの「ドライブイン」を取材し紹介していく『月刊ドライブイン』。 …

  • 縄文ZINE(土)

    縄文ZINE(土)

    1,598円

    21cm×14.8cm 144P 誰もが知っていて、誰も「よくは」知らない時代、縄文時代の面白さを伝えるべく刊行されたフリーペーパー『縄文ZINE』が待望の書籍化。 芹沢銈介の縄文コレクシ…

  • 御所東考現学 / 得地直美

    御所東考現学 / 得地直美

    1,080円

    13.8cm×17.5cm 60P 歴史の街であり観光都市として栄える京都の「ハレ」ではなく「ケ」の姿を、イラストレーター、得地直美が「考現学」のアプローチでスケッチした作品集。 町内の…

  • 月刊ドライブイン vol.08

    月刊ドライブイン vol.08

    500円

    21cm×14.8cm 44P 「パーキングエリア」「サービスエリア」「道の駅」でもない、今や絶滅寸前となっている懐かしの「ドライブイン」を取材し紹介していく『月刊ドライブイン』。 今回取…

  • RIVER / 秦レンナ Renna Hata

    RIVER / 秦レンナ Renna Hata

    650円

    21cm×14.8cm 38P 「女と本のあるふうけい」という屋号で、新聞記者をしながら、“女と本”をテーマに本を選んだり、本について書いたり、リトルプレスを発行するなどの活動をしている秦レ…

  • 88 Seoul / PROPAGANDA CINEMA GRAPHICS

    88 Seoul / PROPAGANDA CINEMA GRAPHICS

    2,160円

    21cm×15cm 268P 今年で30周年となる、1988年に開催されたソウルオリンピックの当時の写真や記念品、印刷物、個人の思い出、メインキャラクター「ホドリ」のデザイナーのインタビュー…

  • ありふれたくじら vol.4 / 是恒さくら

    ありふれたくじら vol.4 / 是恒さくら

    1,296円

    18.2cm×12.8cm 48P 限定600部 再入荷しました。 アラスカで先住民芸術を学んだ是恒さくらが、各地をフィールドワークして鯨にまつわる文化や物語を集めたリトルプレス。ア…

  • ありふれたくじら vol.3 / 是恒さくら

    ありふれたくじら vol.3 / 是恒さくら

    1,296円

    18.2cm×12.8cm 48P 限定600部 再入荷しました。 アラスカで先住民芸術を学んだ是恒さくらが、各地をフィールドワークして鯨にまつわる文化や物語を集めたリトルプレス。アーテ…

  • 北海道 木彫り熊の考察 / 山里 稔

    北海道 木彫り熊の考察 / 山里 稔

    3,780円

    19cm×23cm 199P 木彫り熊に魅せられた著者が、4年ほどかけて収集しつつ考察をめぐらせた“北海道の木彫り熊文化”の集大成。 大正時代から昭和にかけて、木彫り熊は北海道の代表的…